夏休みの雑学豆知識「野菜?果物?」

問題です。次の5つのうち、野菜はどれでしょうか。
①いちご
②メロン
③すいか
④パイナップル
⑤りんご
答えは、①イチゴ ②メロン ③すいか です。
fruits-veggies
「え~?!」っていう方はいらっしゃいませんでしたか?
どのように野菜と果物を分類をするのか気になりますよね。
答えは実にシンプルです。

木になるものが「果物」、草として生えて実になるものが「野菜」と考
えても間違いないようですが、
種を植えつけて1年性作物のものが野菜。植えつけてから収穫されるま
で2年以上必要として、その後も継続して収穫されるものが果物なんです。
でも、イチゴやメロンはスーパーの果物コーナーに並んでたりします。
実は、青果市場に入ってくる時の扱いは野菜ですが、一般のお客さん
の認識が果物なので小売店などで店頭に並ぶときは果物として扱われ
ているんです。
果物の「りんご」と野菜の「メロン」には、『エチレンガス』を出すと
いう共通点があります。
『エチレンガス』は、野菜や果物が呼吸するときに発生する(植物の成
熟促進ホルモン)のことを言い、収穫した後も呼吸をし、どんどんエチ
レンガスを放出して老化に至ります。これが一般的に言われます「腐る」
という現象で、最後には種だけが残ります。
野菜や果物の生長にエチレンは必要不可欠なものですが、収穫後は自ら、
または周辺の野菜や果物にも影響を及ぼします。
特に大量のエチレンガスを出すのがリンゴで、リンゴと他の野菜や果物
を一緒に保管すると他の野菜や果物も、りんごの『エチレンガス』によ
って痛むのが早くなります。
メロンも以前、プリンスメロンとスイカを混載してトラックに積んでいた
ところ、スイカの痛みが早まることがわかり、『エチレンガス』の影響が
判明しています。
echiren01
エチレンを発生するモノとしてほかには、「トマト、桃」などがあり、一方、
エチレンに弱いのが、「キュウリ、レタス、キャベツ、サヤインゲン」など
です。この二つのものを一緒に保存するのはやめておきましょう。
echiren02
逆に、エチレンをうまく利用すれば、身の回りの果物や野菜の成熟をコント
ロールできるんです。たとえば、キウイとリンゴを一緒に入れておくとキウ
イが熟して軟らかくなって甘味が増します。逆にリンゴはキウイといっしょ
にしておくと保存期間がのびます。
そのほか、エチレンガスを多く発生する「りんご」はいろんな実験にも使わ
れています。
【花の開花実験】
まだつぼみの状態の花を2本それぞれ別のビニール袋に密閉し、片方にリンゴ
を入れる。すると、リンゴを入れた方が先に開花する。
【ジャガイモの発芽抑制】
熟成したリンゴとジャガイモを密閉状態に置くと、
リンゴから発生するエチレンガスによりジャガイモの発芽が抑制される。
【もやしの生育】
熟成したリンゴともやしを密閉した状態で育てる。
リンゴと一緒に育てると太いもやしができ、リンゴと一緒に育てない場合は細く
て長いもやしとなる。
最近では、このエチレンガスを分解する冷蔵庫や野菜保存袋、野菜保存シートと
いう名称で、野菜から出るエチレンガスを吸収し長持ちさせるという商品が出て
いたりしています。
野菜や果物は、生きている食物です。だから保存方法にも気を配って美味しく
頂くようにしましょう。

「食」は、私たちの健全な身体を作る源です。
だから、正しい「食」の知識と「食生活」の方法を学ぶことが、いま!とても大切です。

資料請求はこちら
→https://asp.jcity.co.jp/FORM/?userid=kousofood&formid=101

□誰でも気軽に参加できる4つの体験会では、「酵素スムージー」試食体験会開催中。
page_title0505
□酵素フード協会の講座で「現代人の食習慣」についてを学ぶカリキュラムも充実!
酵素フード協会の講座内容はこちらからご確認ください。
page_title009

□食品の衛星、殺菌に天然成分100%の「残留農薬除去剤シーダイヤモンド」をお試しください!
seadiamond_berner