あなたの白湯の作り方は大丈夫?

ダイエットや健康に不可欠の「水」のお話。

水道水を直接飲むご家庭が少なくなってきています。原因は「まずい」「臭い(カルキ臭)」
などが主な要因みたいですが、「健康被害」など気にする人も少なくないようです。

日本の浄水技術は、世界トップレベルで水道水の「水」は、飲料用として一生飲み続けていても「健康」に影響はないといわれています。
マンションなど給水タンクが設置されているところは、マンション側の水質管理などのレベルがあったりするわけですが..。
あまり過渡に抵抗感を持つ必要はないといわれています。

しかし、自宅にウォーターサバーがあるところや、飲料用としてペットボトル(ミネラルウォータ)を購入して利用していたり、
蛇口に浄水器を設置しているなど、水道水をそのまま飲むという習慣は減ってきていますよね。

「ミネラルウォーターが安全」という方もいたり、「水質基準ならむしろ水道水のほうが安全」という見解もあったりなんですが、今日は、市販のミネラルウォーターや水道水などの安全性の云々の話ではありません。

健康や美容に良いということで、根強く人気がある「白湯ダイエット」という方法があるのですが、
白湯をつくる際の注意点などをお話します。

blog1026
水道水には感染症を防ぐなどの理由で、臭いのもとである「塩素」のほか、「トリハロメタン」という発がん物質が含まれています。
なお、この「トリハロメタン」についても健康に害とならないように国の管理基準できわめて低いレベルに抑えられているようです。

~トリハロメタンとは~
発ガン物質のひとつとして知られる有害物質です!
体内に入ると、中枢神経や肝臓、腎臓などの臓器に負担をかける上、アトピー性皮膚炎や喘息を悪化させたり、摂取量が多くなっれば集中力の低下や疲労感、イライラなどの精神的な不調も現れます。
流産の危険性も高まるとも言われています。

さて、白湯を飲む習慣は健康に良いのですが、注意していただきたいことがあります。
それは、直の水道水を沸騰させて「白湯」として飲む前に正しく煮沸したかどうかということです。

理由は、活性酸素を発生させる「塩素」は、揮発性が高いので沸騰させれば、水蒸気とともに飛びますが、
水道水が最初に沸騰した時点で、火を止めてしまうだけでは、「トリハロメタン」の量は増えてしまうんです。
トリハロメタンの含有量が一番多くなるのは沸騰直後で、沸騰前の2~3倍増えてしまうんです。
※なお、沸騰により増えたトリハロメタンの量も体に影響はないとは言われています。

blog1026_2
トリハロメタンを取り除くためには、沸騰後さらに、少なくても10分、できれば15分~20分沸騰させることが必要です。
【正しい白湯のつくりかた】
1.やかんに水(浄水器を通した水、市販の軟水など)を入れ、強火にかける。
2.沸騰したら、やかんのふたを取って湯気が上がるようにする。
3.2の状態から火を弱め、約10分間沸騰させ続ける。
出典引用:http://mery.jp/8942

私達の体の半分以上は水で出来ています!
つまり、水は私達にとって非常に重要な役割を果たしいるんです。
気になる方は、上記の作り方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

只今秋の受講料15%OFFキャンペーン実施中!資格を取るなら今でしょ!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3