危険度高の添加物「次亜塩素酸ナトリウム」!

【現代人の「食」は大丈夫!?】
再び添加物について考えてみたいと思います。
haita
ハイタ―やカビキラーなどの漂白剤。
注意事項に「閉めきった部屋で使用しないでください!とか、「混ぜたら危険!」と
書いてあるハイタ―やカビキラーの主成分「次亜塩素酸ナトリウム」。
次亜塩素酸ナトリウムは、ほかにも上水道やプールの殺菌にも使用されています。

それが私達の身近でヘルシーと思っていた食べ物から、私達の体に入ってきているの
をご存知ですか?

 

 
この次亜塩素酸ナトリウムは最も急性毒性の高い添加物です!
マウスの実験から得た結果、 人の致死量はなんと!あの小さな茶さじ一杯です。

 

この次亜塩素酸は、製造過程で「残留性が低い」、「揮発性が高い」、「70℃以上で塩に変わる」
などといわれていますが、食品添加物としての危険度は非常に高い代物ですし、塩に変化しても
koukoku塩分過多にもつながります。

 
この次亜塩素酸ナトリウムは、殺菌消毒のために魚や野菜に使われています。
コンビニ、スーパーなどに売られているレトルト食品、特にカット野菜などの野菜類は法令で
次亜鉛素酸ナトリウムの添加が求められていて、「表示義務」もないのです。
また、まな板などの消毒に使ってキレイに濯がれていない状態でも食品に移ることがあります!

 
こういう添加物を食べた時に、私たちの体に本来備わっている生命力がしっかり働いていれば
「おかしい!」ということに気が付きます!

 

私たちの体には生命維持力つまり【自己免疫力】【自己治癒力】【自己排泄力】が備わており、
私たちの体を作っているのは、私たちが食べる食物です。
だから、「食」の安全、美と健康を取り戻す「食生活」の知識と方法を一緒に学びましょう。
酵素フード協会の資格講座で、頭の中と体の中をリセットして本来持つ能力を取り戻し、
家族の健康と健康とキレイを一生自分のものにしてください!!

 

 

 

 

 

 

只今秋の受講料15%OFFキャンペーン実施中!資格を取るなら今でしょ!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3