生理周期の3つの時期

生理周期の3つの時期

【 生理前 】

生理前症候群(PMS)で心も体も不安定な時期です。

リラックスすることを心がけて生活して下さい。

排卵してから次の生理開始までの役2週間は、o03000220127908540741

食欲増加、イライラなどを引き起こしてしまいがちな時期です。

生理前に摂取したい栄養素

生理前症候群(PMS)の緩和を中心に考えた栄養素

食欲増加を招く(PMS)

(PMS)の症状が出る前にとって欲しいのがγーリノレン酸

不飽和脂肪酸の一種で(PMS)を改善する作用のあるホルモンの材料になります。

EPAもとると(PMS)による腹痛も予防してくれます。

ストレス食いをしがちな人には、

生理前に不足しがちな、ビタミンB6をとると良いでしょう。

ビタミンB6にはリラックス効果があります。

ビタミンB6は、ごま、玄米、バナナ、きな粉や青海苔などから摂取出来ます。

o04800323135399695711

【 生理中 】

体を休めるのが良い。

約1週間の生理中は厚みを増していた子宮内膜がはがされ、

月経血となり排出されます。

体を休め、睡眠を充分にとりましよう。

生理中に摂取したい栄養素

生理中はむくみと冷えの緩和を中心に考えた栄養素を

生理中に気になるのがむくみと鉄分の欠乏による不調

生理中は水分代謝が悪くなりやすく、むくみが気になります。

むくみの改善に役立つビタミンE、手足の冷えやイライラ、めまいなどの鉄欠乏による症状を緩和する鉄分をしっかり補いましょう。

鉄を吸収しやすくするたもには、

たんぱく質を一緒にとるようにすると鉄の吸収がよくなります。

水分代謝を促し、むくみを改善するビタミンEは、

パプリカやアーモンド、緑茶、アボガドやオリーブの実などに多く含まれます。

鉄分の補給には、ごまやひじき、ほうれん草などから摂取するのが良いでしょう。

14962472_354774644872030_1921463436_n[1]

【 生理後 】

心も体も元気いっぱいな時期、

生理が終わってからの約1週間は排卵に向かって、

エストロゲンの分泌が盛んになります。

体調や気持ちも安定し、代謝もアップします。

ダイエットにも効果的な時期です。

 

 

酵素フード協会では酵素フードを取り入れた薬膳の理論と料理を勉強し、

日本の風土や気候、日本人の繊細な体にあった酵素薬膳料理を極めることにより、

自分や家族、大切な人を健康に導く「酵素薬膳マイスター」を取得できる講座を開催します。

 

資格を取得して2017年はステップアップ!

2017年新春期間限定!酵素フード協会のジュニアマイスター講座が資格取得費用をセットして47%OFFで受講できます。

超おススメ!

※詳細は、下記のURLから特設ページをご覧ください。
http://kousofood.jp/coupon_lp

 

 

酵素と薬膳が一つになった女性のための体質改善食事法!『酵素薬膳マイスター』大阪開講!

yakuzen_bnr