キウイ

『キウイ』は美と健康にとっても活躍します。

 

ビタミンC、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンB6、ビタミンE、カリウム、カルシウム、

アクチニジン(たんぱく質を分解する酵素)など色々と身体に良いものがたくさん!

o0480064113651170454[1]

 

ビタミンCの効能には、コラーゲンを合成して、皮膚や骨、血管などの組織を丈夫にしてくれます。

 

さらに、抗ストレスホルモンの生成。

免疫力を高めて風邪やガンを予防、メラニン色素を分解して、肌を美しくするなど、多くの効能があります。

 

抗酸化作用を持つビタミンEも豊富に含まれています。

 

 

βカロテン(ビタミンA)は、皮膚や粘膜の新陳代謝を活発にして、体の外から入ってくる病原菌を防いでくれます。

 
 

 

βカロテン(ビタミンA)は、網膜にあるロドプシンという光を感じる物質の主成分で、眼の働きを正常に保っています。

 

強い免疫力強化効果

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を高めて、体の組織や皮膚の再生を活発にしたり、女性ホルモンの分泌を正常にする働きがあります。

 

 

 

カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出する働きがあり、高血圧予防心筋梗塞脳梗塞予防ムクミ予防、骨を丈夫にしてくれる働きも!

 

カルシウムは、主に骨の材料になる栄養で、不足すると骨そしょう症の原因になります。

 

クエン酸には、食欲増進効果があります。

 

 

キウイを食べると舌に刺激を感じる場合があります。

 

キウイに含まれている「アクチジニン」という消化酵素の影響によるものです。

 

「アクチジニン」はタンパク質の消化を助ける働きがある酵素です。

 

キウイの果肉の緑色色素である「クロロフィル」には、貧血の予防効果やコレステロール値を下げる効果があります。

DCF 1.0

 

≪保存方法≫

 

キウイは、低温保存が可能なので、野菜庫に入れておくとよいでしょう。もし、未熟な状態であれば、常温で保存すれば、

熟成が早く進みますし、完熟の状態であれば、野菜庫で保存すれば、鮮度が長持ちします。

 

≪キウイの選び方≫

 

傷や腐敗がなく、茶色の産毛がびっしりと均等に付いているものが良い。

やや柔らかく弾力性のあるものが良い。

少し固めのものを買い、室温で完熟させると美味しい。

俵型で変形していないもの。

 

 

あなたの美と大切な人の健康のために
【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか?
 

 

 

☆酵素フード協会LINE@を始めました!

ただいまLINE登録者には、期間限定レシピ無料配信中!

登録は コチラ

 または

LINE→友達追加→ID検索→@kousofood で検索→酵素フード協会 友達追加
 
美と健康の知識がいっぱい(≧∇≦) 酵素フード協会のLINE@(^ー^)

 

☆酵素栄養学のエッセンスが詰まった身体の中からキレイになるレシピが学べる

大好評の酵素フード協会の1日レッスン教室

詳細は↓

 http://kousofood.jp/resipe_lesson/

 

 

 

 

group1