甘味料ってどれがイイの?!

食と生活スタイルで健康美人を増やす「酵素フード協会」の錦弘美です。

白砂糖は良くない、って身体に良くない。

 

ということはよく聴くけど

市販の食料品店に一番手に入りやすいのが

白砂糖

白砂糖の代わりにどんな甘味料があるのか?

 

ご紹介したいと思います。

 

白砂糖

o02510201129753236781

白砂糖はサトウキビの茎を砕き圧縮して甘い汁を絞り取りそれを何度も加工して

純粋な白い結晶になるまで精製されたものです

精製過程でビタミンやミネラルなどの大切な栄養はほとんど失ってしまいます

さらに白砂糖を過剰に摂取することで

・糖化の原因

・むくみや肌荒れ

・便秘

など様々な悪影響を身体に与える恐れがあります。

 

黒砂糖

黒砂糖はサトウキビを煮詰めて出た糖を固めたものであり

カルシウム、鉄分、各種ビタミンなどを

含んでいるアルカリ性食品です。

白砂糖を使用するなら

黒砂糖を使用する方が良いという意見もありますが血糖値を急上昇させてしまうという点などを

考えるとやはり過剰な摂取は控えた方が良いです

s_photo_00977[1]

 

 

はちみつ

はちみつにはビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類

カルシウム、ミネラル、アミノ酸、パロチンなど

150種類もの栄養素が含まれています。

はちみつは加熱処理の段階で栄養素が失われていたり、食品添加物が含まれているものが多いです

GI(グリセミック・インデックス)値が高いので白砂糖、黒砂糖と同様に

過剰摂取は控えましょう。

 

メープルシロップ

メープルシロップは、カエデの樹液を高温で糖度66%になるまで煮詰め、濾過して不純物を取り除いたものです

カリウム、カルシウム、マグネシウムなどを多く含みます。

GI(グリセミック・インデックス)値は比較的低いのが特徴です。

味に癖があるので上手に使うことをおススメします。

 

 

甜菜糖

甜菜とは砂糖大根のことです。

 

甜菜糖は甜菜を煮詰めて糖分を抽出したものです。

身体を温める作用があるといわれています。

多糖性のためGI値も低めでインスリンなどの分泌も緩やかなため

糖尿病の方でも摂取しやすい甘味料です。

 

善玉大腸菌が必要とするオリゴ糖を多く含み良い大腸菌を育てる効果も期待できますが

甘みが少ないため甘みを感じにくいのが特徴です。

 

 

p3486

人工甘味料

人工甘味料にはたくさんの種類がありゼロカロリーの減量用甘味料としても注目されています。

動物実験では発がん性や死亡例が報告されているなど様々な実験結果がでています。

 

 

こんな感じでたくさんの甘味料があります。

 

酵素フード協会では甘味料についても学び、甘味料の選び方や使い方についても学びます。

 

 

あなたの美と大切な人の健康のために
【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか?

 
 

下記からLINE@で酵素フード協会とお友達になりましょう(^ν^)

 

LINE→友達追加→ID検索→@kousofood で検索→酵素フード協会 友達追加

 

美と健康の知識がいっぱい(≧∇≦) 酵素フード協会のLINE@(^ー^)ノ

 

酵素栄養学のエッセンスが詰まった身体の中からキレイになれるレシピが学べる

大好評の酵素フード協会の1日レッスン教室

詳細↓

group1