子供のIQにも食が関係していることを知っていますか?

最新の研究では、幼い頃からジャンクフードを食べているとIQが低下するという事実が判明した。

 

 

「健康に悪い」だけではなく、

脳にも関係していることがここで明らかにされている!

 

以下『dailymail.co.uk』から引用

この調査は、様々なパターンの食生活をしている

生後6カ月から24カ月のこどもたち7千人を対象に、

長期に渡って行われました。

 

被験者はそれぞれ、

●伝統的な食生活をする者

●インスタントのベビーフードを多用している者

●授乳中心の者

●ジャンクフードをよく与えられる者など、多種多様です。

調査を行った研究者によると、

生後6カ月から24カ月にかけての食生活が8歳になったときのIQに、

「小さいけれど重要な」影響を与える。

 

 

 

そのためこの時期は、ジャンクフードをなるべく摂らず、

母乳やチーズ、果物野菜や豆類などを積極的に摂取するよう心がけるべき。

 

 

 

オーストラリア・アデレード大学の研究者曰く、実際にこの時期、お菓子や市販の清涼飲料水などを

よく摂取していた子供はIQが最高で2ポイント低く、前に示したような健康的な食生活をおくっていた子供は

IQが最高で2ポイント高かったと記載されている。この時点で4ポイントの差が生じていることになりますね。

 

 

また研究に携わったLisa Smithers博士も、

 

「生後2年間の食生活は、脳組織の発達に必要な栄養分を吸収するため、

子供にとって非常に重要なもの。そのため親は、子供たちに与える食事を

しっかり考慮しなければならない!」

 

 

とコメントしています。

 

子供にとって、お母さんが与える食事が唯一の食べ物なんです。

お母さんの責任は重大です。

 

子供たちの将来のためにも、

幼い頃の食生活を真剣に考える必要があります!

 

酵素フード協会では、子供を持つお母さんを応援しています!

 

 

子供たちの笑顔のために、

心と体に美味しい食事の知識を学んでください!

食は子供の人生「一生」の問題なのです!

 

 

あなたの美と大切な人の健康のために 【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか?
  下記からLINE@で酵素フード協会とお友達になりましょう(^ν^)
こちら↓

 

LINE→友達追加→ID検索→@kousofood で検索→酵素フード協会 友達追加
美と健康の知識がいっぱい(≧∇≦) 酵素フード協会のLINE@(^ー^)ノ

 

美容・健康、食育に関わる事業をされているオーナー様へ
国から受給できる助成金を活用して、酵素フード協会の資格講座を受講してみませんか?

詳しくはバナーをクリック!