デブ菌?!腸内細菌が肥満にも関係ある!!

食と食生活スタイルから健康美人を増やす「酵素フード協会」の錦です。

 

腸内細菌に関する記事を

 

時々、記事を書いていますがアメ-バ

 

腸内細菌の中に肥満やダイエットに関係する働きを持つ{07C31E04-F569-41FF-A5E5-C6E89D663FF1:01}

 

種類があることが分かってきました!!

 

 

 

 

ワシントン大学の研究によると

 

肥満型のマウスの腸内細菌は

 

ファーミキューテス門が多く

 

バクテロイデス門が少ない。

 

正常型のマウスの腸内細菌は

 

バクテロイデスモンが多く

 

ファーミキューテス門が少ない

 

ということが分かったんです。

 

 

バクテロイデス門は

 

血液の中から脂肪細胞に吸収される脂肪の量を

 

制限する「短鎖脂肪酸」を生合成することから

 

バクテロイデス門が多いと

 

食事から余分なエネルギーを吸収しにくくなる。

 

いわゆる体重が増えにくいことが推測されています。

 

 

ファーミキューテス門が多いと

 

血液中の短鎖脂肪酸が少なくなり

 

食事からのエネルギー回収率が高くなり

 

体重が増えやすくなるということが推測されます。

 

ファーミキューテス門はデブ菌!?叫び

 

 

腸内細菌は、自分で増やしたり減らしたりできるのか!?

 

酵素フード協会ではそれらについても学習し

 

毎日の食と食生活スタイルに取り入れる事のできる方法について学びます。

 

 

あなたの美と大切な人の健康のために 【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか?
  下記からLINE@で酵素フード協会とお友達になりましょう(^ν^)
こちら↓

 

LINE→友達追加→ID検索→@kousofood で検索→酵素フード協会 友達追加
美と健康の知識がいっぱい(≧∇≦) 酵素フード協会のLINE@(^ー^)ノ

 

美容・健康、食育に関わる事業をされているオーナー様へ
国から受給できる助成金を活用して、酵素フード協会の資格講座を受講してみませんか?

詳しくはバナーをクリック!