覚せい剤やコカイン以上の依存性が食卓に潜んでいる⁉

【酵素ダイエットはダイエットじゃない!】

 

私たちが美味しいものを口にするとドーパミンなどの神経伝達物質が分泌され満足感を得ます。

 

 

そして「もっと食べたい」と思います。

 

 

 

私たちが食べ物から体にエネルギーを取り込むとき、調節に重要な役割をはたしている神経系を脳内報酬系と呼びます。

 

 

 

 

 

脳内報酬系は、快楽中枢とも呼ばれ自分へのご褒美を与える神経システムなのです。

 

 

 

 

 

ところが、「もっと食べたい」という欲求が強くなりすぎると、喜びがコントロール出来なくなり、習慣化、乱用依存、そして中毒へ移行していきます。

 

 

 

 

このとき鍵となるのかドーパミンです!!

 

そもそもドーパミンはいつも分泌されているわけではありません。

 

 

 

私たちが日常生活で、何か行動し始めるときドーパミンが分泌されます。

 

 

 

背景には 私たちが今まで連続して学習してきたことによる動機付けがあります。

 

 

 

例えば、朝 起きてから夜寝るまでの行動でいうと、 朝の洗顔、歯磨き、

 

 

朝食など、子供の頃から学習してきて習慣となっている全ての行動に動機があり、ドーパミンが働いています。

 

 

 

また、私たちの何らかの行動により脳が感動や喜びを覚えたときもドーパミンが分泌され 私達に快楽をもたらします。

 

 

例えば 映画 スポーツや音楽などに強く感動したときに脳内でドーパミンが分泌されます。

 

 

 

ところが早い段階で快楽だけを欲した状態が続くとドーパミンの分泌をコントロール出来なくなり、依存症や中毒になります!

 

 

コカインや覚せい剤による薬物依存症はこのドーパミンに関係しています。

 

 

 

 

薬物を投与するとドーパミンが分泌され快感や満足感が得られます!

 

 

ドーパミンが枯渇すると薬物が欲しくなります!

 

 

こうして薬物に対する依存症となるのです。

 

 

食事を始めると、私たちの体内ではドーパミンが分泌され食欲が増します。

 

 

そのうち 連続した学習により、食べ物を想像するだけでドーパミンが分泌されるようになります。

 

 

例えば 食べ物のテレビCM、写真、料理のにおいを感知しただけでもドーパミンが分泌され食欲が増進するわけです。

 

 

ところが 食事に対する快楽の欲求が強く執着した状態ではドーパミンが過剰に分泌されるようになります。

 

 

そうなると、薬物依存症と同じように大量のドーパミンで過食に走ります。

 

 

過食により一時的な快楽や興奮満足感が得られますが、この快感はすぐに効果がなくなり再び暴飲暴食に走ります。

 

 

 

 

そのうち食欲に対するバランスがくずれてコントロール出来なくなり食べ物依存症や中毒に陥ります。

 

 

過食に関係する人の行動は薬物依存症の人たちに似ています!

 

 

無茶食いする人は薬物やアルコールの乱用も認められます。

 

 

そして食品の中にも多くの問題があります。

 

 

例えば特保にもなっている飲料水に含まれる人工甘味料の甘さが脳内報酬系やドーパミンなどの

 

 

 

神経伝達物質に影響を与えて依存症や中毒に導くことがわかってきました。

 

 

女性に多いのですが、イライラしたり嫌なことがあると「やけ食い」をしますね。

 

 

そして衝動的に食べる!そうすると少し落ち着くのですが、しばらくするとまた食べたくなる!

 

 

これはドーパミン欲しさに脳が命令をしている状態なんです。

 

 

イライラした時に食べるのは、たいていがお菓子やパンや、ラーメンなど、これらはドーパミンなどの分泌を簡単にさせてしまうものです!

 

 

もし、このような時にはジャンクフードやコンビニスイーツ、ラーメンなどを食べるのではなく、酵素フードと言われる食品を食べてみて下さい!

 

 

酵素フードは生の野菜サラダやフルーツ、お味噌汁や酵素スムージー(市販のスムージーは×)、そして酵素ダイエットスイーツといった、ドーパミンの分泌を安易に分泌させない食べ物!

 

 

 

心と体に優しい食べ物の事なのです。

 

ダイエットのリバウンドを繰り返していた多くの原因は、

 

「食べ出したら止まらなくなった!」という意見が圧倒的に多いのですが、酵素フード協会の講座を受講した「96%の人」が、

 

 

イライラした時や、むしょうに何かを食べたくなった時に

 

 

「酵素フードを食べたら、満足して次の欲求がなくなり、リバウンドをせず、ダイエットに成功した!」という結果が出ています!

 

 

生活習慣病は、ほんの少しの知識でならなくてすむ病気です!

 

 

そして、35歳を過ぎた女性が若々しい細胞を取り戻し、理想の体と、みずみずしい肌を保ち、キレイでいられるのも、やはり食事が大きく関係しているということです!

 

 


覚せい剤中毒患者やコカイン中毒患者にキレイな人はいません!

 

 

同じような働きを体がするようになれば、健康ともキレイともお別れしなくてはならなくなります!

 

 

あなたの知識が10年後のあなたとあなたの大切な人の味方になる!

 

 

酵素フード協会は10年後のあなたと、あなたの大切な人を守るための協会です。

 

 

 

 

アンケートに答えて、受講料20%OFFクーポンをGETしよう!キャンペーン開催中。

 

詳細はこちら↓

 

あなたの美と大切な人の健康のために 【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか?
  下記からLINE@で酵素フード協会とお友達になりましょう(^ν^)
こちら↓

 

LINE→友達追加→ID検索→@kousofood で検索→酵素フード協会 友達追加
美と健康の知識がいっぱい(≧∇≦) 酵素フード協会のLINE@(^ー^)ノ