【現代人は皆、骨がボロボロになる食事をしている(>_

10410351_852960391388501_1616512337354789973_n

酸性やアルカリ性というのは、水溶液(物質を水に溶かした液)の性質の名前です。

酸性・アルカリ性には、弱いとか強いとかいう度合い(強さ)があります。

この酸・アルカリの度合い(強さ)を表すのに、pH(ピーエッチ/ペーハー)と呼ばれる数値を使います。

人間の体に流れる血液は、pH7,35~pH7,40という狭い範囲の弱アルカリ性を保つように出来ています!

そして食品にも酸性食品とアルカリ性食品があります。

ミネラルの種類によって決まっています。

酸性食品には、肉、魚、卵、米、イモ、砂糖、酒などなどなど・・・。

超酸性食品には、人工甘味料、加工された油、マーガリン、清涼飲料水、化学物質が含まれている加工食品など。

普段私たちが口にしているものの、ほとんどが酸性食品と言えるでしょう(>_<) 酸性食品を摂取すると、人間の体は自分の体からカルシウムを奪ってしまい、血液を弱アルカリ性に戻そうとします! (ホメオスタシスによるもの。) 骨からカルシウムを奪われることは重大な問題なのですが、血液が酸性に傾くのは人間の体にとって、もっと重要な問題なのです! では酸性食品を一切取らなければいいのかというと・・・? 酸性食品を摂取するときには、一緒にたくさんのアルカリ性食品を摂取する事が大切です。 酵素フード協会では、昼、夜の食事には7対3の割合以上でアルカリ性食品を摂取することを勧めています! また、朝は酵素スムージーを中心にアルカリ性食品のみで過ごすことを勧めています! 食と体を知ることは、今の現代人にとって必要不可欠! 学ぶことで、あなたとあなたの大切な家族を守りましょう!

会員様会社情報