ジャンクフードや砂糖の中毒は薬物中毒より怖い!

ケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドーパミン、エンドルフィン、セロトニン、オキシトシンの4種類がハッピーホルモンと言われていますヽ(*´∀`)ノ

ですが、このハッピーホルモンはアンハッピーになる場合もΣ(゚д゚lll)

実はこのハッピーホルモンのうち、
ドーパミンとエンドルフィンと呼ばれているホルモンが中毒に関係しています!

●ドーパミンは快楽を感じさせて常習性を高めます!
●エンドルフィンは不安や苦痛を麻痺させる作用があります!
バランスが崩れると依存症を招いてしまいます!

ジャンクフードをたくさん食べることで、この二つのホルモンが分泌され、バランスを崩し常習性が確認されているのは、
アメリカのスクリプス研究所の分子治療学ポール・ケニー博士のラットの実験でも明らかになっています!

40日間ジャンクフードを与え続けたラットは、栄養バランスの良い普通のえさを与えても見向きもしなくなりました!

さらに、ジャンクフード漬けになったラットは、食事中に電気ショックを与えても、恐怖でえさが食べられなくなった他のラットとは違い、ひたすら食べ続けていたのです!

さらにジャンクフード漬けになったラットの脳を取り出して報酬回路のあたりを調べたところ、ドーパミンD2の受容体が減少!
この受容体が減ると、食べることによる満足が得られにくくなり、薬物中毒と同じようにジャンクフードを貪り続けてしまいます!

この研究結果は、薬物中毒とジャンクフードによる肥満が、
根本的に同じメカニズムに基づいているという証明を提示しています!

そして最終的には、ジャンクフード漬けになったラットは、
通常の食事に見向きもしないようになり、
脅迫的に食べ続けてしまうとうい恐ろしいことになっていたそうです!

私たち現代人にも、これと同じようなことが起こっているのではないでしょうか?(><)

普段から口にするものを意識することで、この麻薬中毒のような被害者にならないようにする事が大事です!

知っているのと知らないの、学ぶのと学ばないの、たった少しの差で、健康状態はもちろんの事、人生まで変化が訪れます。

今この文章を読んでくださった方は、変える事の出来るチャンスを手に入れたということ。

行動に移すか、このまま変わらず中毒者になるか正しい選択をして頂く事を望みます。

この世界に1人でも多くの
健康で笑顔の方が増える事を願って・・・

会員様会社情報