市販のケーキの正体!!

diet_sweets_img01

 

 

 

 

 

 市販のケーキは牛乳や砂糖が悪いだけではありません!
もっと怖い秘密が隠されています!

①ショートケーキを作るとき、材料を泡立てなければなりませんが、もちろん多量に作って売られているケーキに、そんな手間暇をかけていられません!…
そこで、合成添加物である乳化剤を加えて泡立ちをよくします!
②さらにその泡が消えないように、また添加物の安定剤を入れます!
③ケーキにトッピングしてある真っ赤なサクランボは漂白剤で元の色を消してから、着色料で鮮やかな赤色にしてあります!
④ケーキの上に乗せてあるチョコレートの板にHAPPY☆BIRTHDAYと書かれた文字!もちろん着色料です(;一_一)
⑤そして保存のためには、グリシン、酢酸ナトリウム、グリセリンエステルといった合成化学物質を使います!
これらはなぜか法律上では保存料ではありません(@_@;)

さらに冷凍するための技に生地に使われるのが、乳酸塩やソルビトールといった添加物を練りこみます!

そうすることにより、まるで当日作ったかのように出来上がります!

そう、ケーキには脂肪や砂糖に加えて、合成着色料、乳化剤、安定剤、日持向上剤といった添加物がたっぷり含まれているんです!

そして、店頭販売されるケーキの原材料、添加物は「表示免除」です(*_*)

お家でケーキを焼くには分量を正確に計らないといけなかったり、時間がかかったり、面倒だったりと・・・。
そんな方にオススメしたいのが、酵素スイーツパティシエコース!
まさかの10分!手間暇なしにできちゃうんです!

会員様会社情報