幸せホルモンを分泌するには腸内環境が大切!

1011194_615355795148963_1704702434_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セロトニンやドーパミンという、人には多幸感を感じるハッピーホルモンという神経伝達物質が分泌して幸せな気持ちになります(^^)
このホルモンの分泌が減ると、不安感や、鬱病、不眠症などの睡眠障害がおこると言われています。

セロトニンやドーパミンは脳内の神経伝達物質ですが、何もないところから作られるのではなく材料が必要になります。

その材料を作っているのが腸であり、手助けしているのが腸内環境なのです。

セロトニンの材料もドーパミンの材料も必須アミノ酸で、
セロトニンの材料がトリプトファン、ドーパミンの材料がフェニルアラニンというものです。

けれどもこれらを摂取したからといって、すぐに幸せホルモンが分泌されて増えるわけではありません!

食事として取り込まれたタンパク質タンパク質はビタミンCや酵素の力を借りてトリプトファンへ分解されます。
その後、葉酸とナイアシンの作用を受けてセロトニンの前駆体となる5-HTPという物質になり、それがビタミンB6の作用を借りてセロトニンが分泌されるという工程があります!
この過程で必要となる栄養素は腸内細菌が合成してくれています。
ドーパミンも同じように分泌されるまでの過程で必要となる栄養素は腸内細菌が作ってくれています。

また、1980年代、アメリカのコロンビア大学医学部の解剖細胞生物学教授マイケル・D・ガーション博士が発表した「腸は第2の脳である」という学説は、世界に一大センセーションを巻き起こしました。
彼は、脳に存在し、精神を安定させる神経伝達物質、セロトニンの95%が腸で作られることを指摘しています。
また腸だけが、脳や脊髄からの司令がなくても反応をおこさせる神経系を持つことにも触れ、「あの醜い腸は心臓よりずっと賢く、豊かな感情を持っている。進化はうまい工夫をした。われわれの先祖はアメーバの原生的生物から進化して脊椎を獲得した時、頭蓋と腸の両方に、それぞれ別の感情をもつ脳を発達させたのだ」と言っています。

もちろん幸せな気持ちになるのには、腸だけが関係しているわけでも腸だけが大切なのではありません!
けれども、心と食べ物はこれほどまでに繋がっているんだ!という事をお伝えするとともに、食べる物を見直してほしいと思っています(^^)

幸せな気持ちを応援してくれる食事は腸内細菌を善玉菌優勢にしてくれる食事(^^)
それは、アレルギーや病気から心と体を守ってくれる食事なのです☆

会員様会社情報