旬の美味しい桃

995913_629111703773372_120565845_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 桃について「健康で免疫力を高める食べ物・栄養食品効果効能ナビ」より引用させていただきました。

桃は中国では、昔から「長生の実」「不老長寿の仙果」といわれてきました。
邪気をはらう魔除けの力があるともよくいわれています。…

じつは桃の果肉には、鎮痛剤や鎮静剤の働きがあり、また微量ながら葉や花には青酸化合物が含まれているのです。
神秘的な果物と見なされてきたのも、あるいはそんなことが原因しているのかもしれません。

ペクチンが多く含まれている果実なので、常食すれば便秘の解消に効果的です。
朝晩1個ずつ食べるか、ジュースにして飲むと良いでしょう。

魚を食べて食あたりをおこしたときの解毒に効果があると、昔からいわれています。
どくにマグロにあたったときの中毒症状の緩和にはすみやかな効果を発揮します。

ただし、果肉より皮の部分に薬効が含まれています。

桃の葉は、入浴剤としてお風呂に浮かべると、子供のあせもやただれ、おできを治すのに効果があります。

生の葉か、陰干しにした葉を細かくきざみ、布袋に入れて湯舟に漬けます。乾燥肌の人のモイスチャーライザーとして、桃の果肉を利用してみるのも良いでしょう。

果肉をすりつぶし、卵黄とまぜ合わせたものを顔や首に塗ります。
しばらくして乾いたら、ぬるま湯で洗い流してください。肌がなめらかになる効果がわかります。

会員様会社情報