牛肉や豚肉について

1011968_626515484032994_394272521_n

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に皆さんが牛肉や豚肉などの動物性タンパク質を体にいいと思う理由は、動物性たんぱく質が良質なタンパク源だと思っているからでしょう。

この場合の良質とは、必須アミノ酸の組成(種類とその量の比率)が、人の必須アミノ酸の組成に近いということでしょう。
確かに 動物性タンパク質のアミノ酸の組成は人間も動物の仲間なのですから人のアミノ酸の組成とほとんど同じです。
それで効率よく無駄なくアミノ酸を摂取できると考えているからです。
食料が少なく、たんぱく質不足の戦時中や戦後のときは、身体が大きくなる動物性たんぱく質は私たちの体にとって必要だったかもわかりません。
しかし現在のように過剰にタンパク質を摂取している現代の日本人にとっては、よほど痩せてる場合ではない限り、
大人には身体が大きくなる動物性たんぱく質はほとんど必要ではないといえるでしょう。
細胞の分裂を促す動物性たんぱく質を摂取すれば、
細胞分裂の時にうまく分裂できないことがきっかけで発生する場合が多い 癌細胞も発生する可能性が増えます!

これもまた動物性タンパク質を摂取すると癌になりやすい原因の一つと言えるでしょう!

癌の話の余談ですが、
熱い食べ物や飲み物を摂りすぎると、常に食道の粘膜が火傷状態(要するに炎症)になってしまい食道癌になりやすいということも事実です。

学校では習わない事が生きている上で最も必要なことが多いのではないでしょうか?

生きていく上で幸せに生きるために必要な物のひとつに
【健康】は欠かせないものです!
健康で生きていくために必要なものは
【食と食スタイルの知識を知り食習慣にしてしまう!】ということです!

あなたの食習慣は健康とキレイを維持するのに間違っていませんか?

会員様会社情報