脳卒中や心筋梗塞で寝たきりになりたくない(>_

血管

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性10年! 女性12年!
これは日本人の平均の寝たきり寿命です!!

長生きは望まなくても、死ぬまで元気でいたいと思いませんか?…
その為に、なにか対策をしていますか?

病気になった時のための保険も大切ですが、病気にならないための生活スタイルの方が重要ではないでしょうか!

今日は、脳梗塞や心筋梗塞に関係している血管、血液、血流について記載しますね!

人体には網の目のように血管が張り巡らされ、その中を常に血管が流れています!

呼吸により取り入れた酸素や食事から吸収した栄養素は、血液に乗って全身を巡り、体の各部位の細胞に届けられます。

酸素と栄養を届けた血液は、細胞から二酸化炭素と老廃物を回収し、それらの排泄をサポートします。

この働きがなければ私たちは生きていけません。
もし、血管の一部が詰まったり、破裂してしまいますと、その先の細胞は死んでいき、活動できません。
これが脳や心臓で起こると、脳卒中や心筋梗塞というわけです。

どのような状態が理想かというと、

●血液の濃度と質のバランスが良い。
●血管に弾力性があり、血管壁が丈夫でつまりがない。
●血流が正常でスムーズである。

こういう状態だと、全身に酸素と栄養素がスムーズに運ばれ、二酸化炭素や老廃物の回収も捗り、新陳代謝が活発化します。

身体が常に活性化されていることで免疫力も高まり、病気になりにくい、若々しい体でいることが出来ます!

そのために大きく関係しているのが食なのです!

※濃い緑の野菜
濃い緑の野菜には体内でビタミンAに変化して血管を丈夫にするベーターカロテンが豊富に含まれています。
血管壁の材料であるコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCも豊富。
また、LDLコレステロールの酸化予防に働くビタミンEも含まれています。
また、血液成分となる鉄やカルシウムなどのミネラル類、
葉酸は、血液の老化を進めるアミノ酸の代謝物、ホモシスティンが血管内に溜まるのを予防します。

※果物
みかん、キウイ、いちごなどの果物にはビタミンCが豊富に含まれている。
ビタミンCは血管壁を構成するコラーゲンの生成に欠かせない成分で、抗酸化力で血液をサラサラにします。
みかんには脂溶性の抗酸化成分クリプトキサンチンも含まれているため血管壁を丈夫に保ちます。
リンゴには水溶性食物繊維のペクチンが豊富で、余分なコレステロールや糖分の吸収を抑えます。
バナナは睡眠を整えるメラトニンの材料となるセロトニンを作るのに必要不可欠なトリプトファンが含まれます。
メラトニンは体を休めさせてくれ、血管の丈夫さをサポートします。
また食物繊維も豊富です。
ビタミンCは熱に弱いため、あまり加熱せずに摂取したい成分です。
さらに、ビタミンCは、体に貯蓄しておくことが出来ないため、常に摂取する必要があります。

他にも、香辛料やナッツなどが血液・血管・血流を強くしてくれる食べ物なのです!

これらを上手に摂取したいけど、こんなに多くの食べ物を摂取できない。
または、これだけ摂ってしまうと摂りすぎで、反対に血液や血管、血流を悪くしかねない!

腸のデトックスだけでなく、血液、血管、血流の観点からも、しっかり摂取して欲しいのが酵素スムージー!
スムージーだったらなんでもいいわけではありません!
よくあるスムージーは消化器官を冷やしたり、血液をドロドロにするものを入れていたり、反対に血管や血液、血流を悪くしてしまいます(>_<)

自分の人生は自分で守る事が、これからの私たちには必要でしょう!
きちんと学び正しい選択をすることで毎日の食事が変わってきます。

関東や東北方面では、デトックスと共に血液、血管、血流を強くすることが出来る酵素スムージー講座に力を入れていきたいと思います!

http://www.kousofood.jp/

会員様会社情報