活性酸素を除去する『体内酵素』

活性酸素を除去する『体内酵素』

 

 

癌や成人病、皮膚のトラブルを始め、種々の疾病を引き起こす原因に、『活性酸素』があります。

私たちのカラダは、細胞の中にあるミトコンドリアが酸素をもとにエネルギーを作ることで活動しています。そのミトコンドリアの活動過程でできたいわゆる「廃棄物」が活性酸素です。

 

その活性酸素が、他のものと結合しやすい性質のため、体内の鉄と反応して酸化(サビ)させたり、脂質に反応して、血管中にこびりつきやすい「過酸化脂質」を作ります。その結果、心筋梗塞や動脈硬化、ガンの発生の直接的な引き金にもなるといわれています。

 

また、体力・肌の衰えや記憶力の低下、老化の原因のひとつとされており、近年では、疲労物質として乳酸がたまることによって、疲労を感じると言われていましたが、実は「乳酸」ではなく活性酸素が原因であることが証明されています。

 

 

このような活性酸素に対し、私たちのカラダは無防備ではなく、それを消去する機能として抗酸化作用のある酵素を出す力が備わっています。

それが、SOD(Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ))酵素で、体内で過剰となった「活性酸素」を取り除き、無毒化してくれる「体内酵素」なのです。

 

通常、私たちの体内で活性酸素が増えても、SOD酵素が活性酸素を除去し、私たちの健康を守ってくれます。SODは、酸化を防止する物質なので「抗酸化物質」とも呼ばれていて、活性酸素とこのSODのバランスによって、私たちの健康が保たれているのです。

 

しかし、昨今の環境汚染や排気ガス、化学物質、加工食品、個々のストレスなどの理由によって、活性酸素が過剰に発生するため、体内で作られるSOD酵素だけでは間に合わなくなってきているのが現状です。そして結果、引き起こされるのが動脈硬化・心臓病・ガンなどに代表される成人病(生活習慣病)なのです。

 

また、このSOD酵素は40歳を過ぎる頃から、体内酵素と同じようにの産生能力が急激に低くなることもわかってきています。

 

 

ではどうしたらよいのでしょうか?・・・

 

はい、あまり難しく考えないでください。方法はあります。

 

それは、「食の見直し」と「生活習慣の見直し」です。

 

次回にでもお話ししたいと思いますが、食の見直しでは、「抗酸化物質(栄養素)」を意識して摂取することです。ポリフェノールやビタミンでは、AやC、Eなどです。

 

このように、私たち酵素フード協会は、「酵素フード」を食習慣に取り入れて、食習慣の改善を強くお勧めしています。

 

私たち酵素フード協会が皆様に提唱している「酵素栄養学と時間栄養学による食事法」を実践すれば、体内酵素を活性化させ、健康的な食生活習慣を身につけることができます。

 

酵素フード協会の講座には、「酵素スムージー」と「酵素ダイエットスイーツ」のコースレッスンをご用意しています。

レッスンでは、レシピを学んでいただくことは勿論ですが、座学では、食の正しい知識を身につけることができるので、将来においてもご自身とご家族の健康管理に役立つことができるでしょう。

 

年を重ねるたびに自分で意識して取り組まないといけない「元気」と「キレイ」。

その中心に食事があります。

『私たちのカラダの細胞は、私たちが毎日食べている食べ物で作られている』。

だから、見た目もキレイでカラダに良くて、

毎日続けられる酵素スムージーをお勧めします!

 

 

食を学んでキレイと健康を一生自分のものにしましょう。

あなたの美と大切な人の健康のために 【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか。

 

 

資料請求はこちらをクリック。

 

 

会員様会社情報