缶詰の問題点と対処法

【酵素ダイエットだダイエットだけじゃない!】

 

缶詰は缶の内側を「エポキシ樹脂」で保護しています!

 

 

このエポシキ樹脂からは環境ホルモンのビスフェノールAが、

 

 

ジワジワと溶け出しています。

 

 

ビスフェノールAなどの環境ホルモンは、人間の体内のホルモンのバランスを崩し、

 

 

 

生殖異常などをひき起こすと言われています。

 

 

 

特に妊婦さんは注意をしてほしいのですが、

 

 

 

生まれてくる子供に影響し、

 

 

 

胎児に障害が出る可能性があります。

 

煮魚などの加工食品は

 

 

海外の養殖の魚を使っていることが多いと考えられますが、

 

 

これらの魚のエサには、

 

 

多量の抗生物質を使っている

 

 

可能性も否定できない事実でしょう!

 

 

 

 

 

 

また、見た目を良く見せ、

 

 

 

保存性を高めるために、

 

 

さまざまな添加物を使っているのは紛れもない事実です!

 

 

缶詰などによく使われている、

 

 

亜硝酸ナトリウムとソルビン酸や

 

 

ソルビン酸カルシウムを同時に摂取すると

 

 

強い発ガン物質が生成されます!!

 

 

~対処法~

 

食べないのが一番と言いたいところですが、缶詰を選ぶならまだ瓶詰のほうがマシです!

 

また、缶詰の汁などを捨てることをお勧めします。

 

他にも煮たり焼いたり手を加え、

 

汁の中に出したり、油に溶かしたりという手もありますが、

 

基本的には食べない事をお勧めします!!

 

 

 

【食を学ぶことは人生で最大の徳(得)である!】

 

あなたの美と大切な人の健康のために


【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか?

 

 

あなたの美と大切な人の健康のために 【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか?
  下記からLINE@で酵素フード協会とお友達になりましょう(^ν^)
こちら↓

 

LINE→友達追加→ID検索→@kousofood で検索→酵素フード協会 友達追加
美と健康の知識がいっぱい(≧∇≦) 酵素フード協会のLINE@(^ー^)ノ