毒素排出に必要なのは3つの栄養素

毒素排出に必要なのは3つの栄養素

 

■オレイン酸で腸に刺激を!
オリーブオイル

太るのを気にして油分を摂らない人がいますが、お通じのためにはそれは絶対にNG!
適度に油をとれば便が油分を含み、滑りがよくなるのです。
なかでもおすすめはオリーブオイル。
オリーブオイルに多く含まれる不飽和脂肪酸「オレイン酸」は小腸で吸収されにくく、
大腸を刺激するため、排便を促すといわれています。
地中海地域では、オリーブオイルは古くから便秘解消のために「天然の下剤」として使われていたほど。
和食中心の食事では不足しがちな油をオリーブオイルで補ってね。

 

■植物性乳酸菌の力で腸内環境を整える!
みそ・しょうゆ

腸内で善玉菌を増やしてくれる乳酸菌には、ヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」と、
漬けものや、みそ、しょうゆといった日本の伝統的な発酵食品に多く含まれる「植物性乳酸菌」があります。
どちらも腸の健康をサポートしてくれますが、とくにおすすめは、植物性乳酸菌。
塩分や酸度が高い過酷な状況を生き抜いてきたため、生きたまま腸までたどりつく生命力の強い菌。
すぐれたデトックス効果が期待できます。

 

■食物繊維で腸をスッキリ!
納豆・わかめ・きのこ

お通じをよくすることで知られる食物繊維ですが、じつはただ量をとるだけでは不十分なんです!
食物繊維には2種類あり、腸管内の水を吸って便を軟らかくする「水溶性食物繊維」と、便のかさを増やす「不溶性食物繊維」をバランスよくとることが大事。
そこでおすすめの食材が、水溶性の両方を豊富に含む納豆、わかめ、きのこなど。
どれも身近なものですが、デトックス効果が高く積極的に取り入れたい食材です。

 

年齢を重ねるたびに気になる『キレイ』と『元気』。

時間に追われて、食べ物があふれる身の回りに流されながら何気にいると、体調が変?肌にくすみ?などなど顕著に現れる体の変化。私たちのカラダの細胞は、私たちが日ごろ食べているもので作られています。

 

だから、年齢を重ねるたびに意識したいのが「食」です。

日本人は「野菜を摂らないといけない」という意識はあるのですが、毎日食べているもので、積極的に摂りたいものや遠ざけたいものなどをもう少し意識したいですね。

 

食を学んでキレイと健康を一生自分のものにしましょう。

あなたの美と大切な人の健康のために 【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか。

 

資料請求はこちら