顎(あご)にできる吹き出もの対策は「食生活」の見直しを①

顎(あご)にできる吹き出もの対策は「食生活」の見直しを①

 

 

「吹き出物・にきび」は、季節の変わり目に表れやすく、スキンケアに気をつけていてもある日突然現れます。

 

 

10~20代の若いころは、女性ホルモンの分泌が盛んなため皮脂の分泌も活発になり、過剰に分泌された皮脂が固まって、毛穴を詰まらせることでニキビの原因になります。

 

しかし、30代を過ぎた女性は、どんなにケアを徹底していても、皮膚のターンオーバー=新陳代謝が乱れることが原因となって、皮膚表面の角質層が硬なり、毛穴が詰まって「吹き出物」が表れます。

 

 

10代や20代の頃のニキビはおでこや鼻周りなど皮脂の分泌が多い部位にできやすいのに対して、30代以降にできる吹き出物は、顎や口周り、頬など比較的乾燥しやすい部位にできやすいのです。

 

顎にできる吹き出物やニキビは、特に、生理の前後にできやすく、同じ場所に何度も繰り返しできたり、治りにくいのが特徴です。

 

加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが原因と考えられているので、顎のニキビを治すためにはスキンケアだけでなく、食生活や生活スタイルを見直すアプローチ方法も必要なんです。

 

糖分や脂肪分を多く含むものを食べ過ぎると、エネルギーとして使われなかった分が血液中に中性脂肪として溶け込み、血液をドロドロにし、お肌に悪影響を及ぼします。

 

糖分というと、甘いものを想像しがちですが、おせんべいやスナック菓子などの炭水化物系の食べ物も「糖分」なので注意が必要です。

また、塩分も同じく注意した方がいいですね。
塩分を過剰に摂取すると腎臓や肝臓が疲労しやすく、お肌だけでなく体全体に悪影響を及ぼします。

 

 

甘いものやオヤツって食べたくなるときありますよね。
わかります!!私もそうですから・・・。

 

オヤツを食べることを我慢して、そのことがストレスになると意味がありません。

 

だったら、美味しくて、お肌に良いスィーツに置き換えて食べたい時に食べませんか?

 

 

酵素フード協会では、罪悪感全くなしで食べれる甘くて美味しいダイエットスイーツをご紹介しています。

 

ご興味のある方はお問い合せください。

 

7月28日に開催された大阪堺校「酵素スイーツバイキング」イベントの様子

 

 

次回はもう少し詳しく「にきび・吹き出物」と食のお話です。

 

 

年齢を重ねるたびに気になる『キレイ』と『元気』。

時間に追われて、食べ物があふれる身の回りに流されながら何気にいると、体調が変?肌にくすみ?などなど顕著に現れる体の変化。私たちのカラダの細胞は、私たちが日ごろ食べているもので作られています。

 

焼くだけ、温めるだけの加工食品やコンビニ、スーパーのお惣菜食品などに頼った生活を送り続けると、生きた食の知識は得られませんし、添加物などの余計なものまで食べてしまうことになります。

 

自然の恵みである食物一つ一つに、私たちのカラダにとって良いものや悪いものが存在します。その特性を理解するうえでも、食材から調理して食べる習慣を身につけていきたいですよね。

 

食と生活スタイルを学ぶことが現代人にとても大事な知識。
酵素フード協会はあなたにあった食や食生活スタイルを見つけるお手伝いをしています。

 

 

資料請求はこちら

 

会員様会社情報