【アルツハイマー予防】

アルツハイマー予防には

『ビタミンC』と『ビタミンE』

アルツハイマー病は、脳の中にアミロイドβタンパクという物質が蓄積されて発症する病気です!

 

 

アミロイドβタンパクという物質が蓄積する要因のひとつに、活性酸素が関わっていることが明らかになっています。

 

 

オランダのロッテルダムにあるエスラムス医療センターが行った大規模な疫学調査の結果、

 

 

ビタミンCとビタミンEの摂取量の多い人は、アルツハイマー病の発症率が低いことが明らかになりました。

 


アルツハイマー病を軽度に発症したマウスを使った実験では、ビタミンEを投与すると。。。

 

記憶をつかさどる海馬のアミロイドβタンパクが50%減少、大脳皮質では28%減少しました。

・ビタミンCを多く含む食べ物

(キウイ、オレンジ、赤パプリカ、いちごなど)

 

 

・ビタミンEを多く含む食べ物
(生アーモンド、アボガドなど)

 

 

朝に酵素スムージーを身体に摂り入れることで、脳と体をリフレッシュしましょう!!

 

 

 

 

食を学んでキレイと健康を一生自分のものにしましょう。

あなたの美と大切な人の健康のために 【生涯一番大切な食習慣】を始めませんか。

 

資料請求はこちら